パク・ジョンボム / 山田透

パク・ジョンボム / 山田透

1976年生まれ。韓国ソウル出身。
体育教師をめざし、延世大学体育学科に入学。大学2年で兵役に就き、その頃見た北野武監督の『HANABI』の影響で映画監督をめざす。
2000年、大学に戻り、新設された映画コースで学び、短編映画を撮り始める。2000年に完成させた短編「サギョンを彷徨う(Templementary)」がニューヨークで開催されたアジア短編映画祭に招待され、釜山アジア短編映画祭で最優秀賞と観客賞を受賞。その後、20本近くの短編を撮る。
2007年、東国大学映画大学院に入学。友人をモデルに「125 チョン・スンチョル(125 Jeon Seung-Chul)」を撮り、2008年ミゼンセーヌ(mise-en-scene=演出の意)短編映画祭で審査員特別賞を受賞。その後、イ・チャンドン監督の『ポエトリー アグネスの詩』(10)に助監督として参加。同年、初の長編作品である『ムサン日記~白い犬』を監督。日本でも劇場公開され高い評価を得る。
その後、『Alive』(14)、『Height of the Wave』(19)などの監督作品を発表。2作は東京フィルメックスにて『生きる』『波高』というタイトルで公開されている。
石井監督の次回作『アジアの天使』(2021年公開予定)にも出演している。