大島優子 / 奈津美

大島優子 / 奈津美

1988年10月17日生まれ。栃木県出身。
1996年より子役として活動し、2006年に国民的アイドルグループAKB48のメンバーとなり、グループの人気を牽引。女優業にも力を注ぎ、『櫻の園』(08/中原俊監督作)などに出演し、2009年には、『テケテケ』(09/白石晃士監督作)で映画初主演を務める。その後も『銀色の雨』(09/鈴井貴之監督作)、『スイートリトルライズ』(10/矢崎仁司監督作)、『さんかく』(10/吉田恵輔監督作)、『闇金ウシジマくん』(12/山口雅俊監督作)、『劇場版 SPEC〜結〜』(13/堤幸彦監督作)などに出演。
2014年6月にAKB48グループから卒業。同年公開された『紙の月』(吉田大八監督作)では、第39回報知映画賞助演女優賞、第36回ヨコハマ映画祭助演女優賞、第38回日本アカデミー賞優秀助演女優賞など多くの映画賞を受賞。
以降も主演作の『ロマンス』(15/タナダユキ監督作)、『真田十勇士』(16/堤幸彦監督作)、『疾風ロンド』(16/吉田照幸監督作)などに出演する。